曽我谷川

淀川2次支流 ・流入先 〜桂川淀川 ☆淀川水系一級河川 訓:そがだにがわ

 京都府亀岡市を流れる、桂川の支流。
亀岡市曽我部町南境の山の水を集め北流、曽我部町南条からは向きを北東に変え亀岡市街地北郊を流れ、保津町の保津川下り乗船場付近で保津川(桂川)右岸に注ぐ。合流に際しては長大な背割堤を介する。
一級河川の起点は亀岡市曽我部町春日部の西上曽我部、東上曽我部。

■ 上流

亀岡市曽我部町春日部 府道407号東掛小林線・春日橋から

 上流部は、摂津・丹波往還の茨木街道沿いに深い谷を刻む。
巨岩を噛む荒瀬が続く渓流。

■ 中流

曽我部町寺 JA営農センター脇 谷から出て間もなく

 谷を出たあとは、広大な田園地帯を流れる。
河畔林は竹類が多く見られる。

曽我部町下河原 穴太橋付近
左/走田神社脇、右/穴太橋から下流望
左写真の林は走田神社社叢、右写真奥は京都縦貫道

 走田神社の東を流れるあたりでは、登りがきついほど堤が高くなる。堤にはマムシ注意の看板が出ている。
橋を西に行くと、西国21番札所の穴太寺門前へ出る。

■ 下流

亀岡市河原町・宇津根町境
府道402号王子並河線・清水橋から 左上流、右下流望
右写真の鉄橋はJR山陰本線

▲桂川   ▲淀川   ▲サイトトップ