安曇川

琵琶湖流入河川 ☆淀川水系一級河川 訓:あどがわ


安曇川支流  ・足尾谷川 ・江賀谷川 ・針畑川 ・北川 ・深谷川 ・清水谷川 ・茶屋谷川 ・大筑波川 ・溝谷川 ・入谷川

安曇川分流  安曇川北流


 京都府京都市左京区北部・花背峠付近の山中に発し、高島市を流れ、広大な湖成三角州を造り琵琶湖西岸に注ぐ川。
別称 朽木川、高島川/別訓 あとかわ/古綴 阿渡川、阿戸川、足速川

 比良山地と丹波高地の間を北流し、滋賀県高島市朽木村市場で向きを東に転じ、高島市安曇川町で平地に出て広大な三角州を造り、安曇川町北舟木と南舟木の境で琵琶湖西岸に注ぐ。安曇川北流を北舟木で分けてからは安曇川南流とも称される。
朽木村を流れる間は花折断層に沿って峡谷を造り、高島市へ出る前には朽木渓谷と呼ばれる谷を刻む。谷を出てからは天井川となる。
一級河川の起点は滋賀県大津市葛川坂下町の蛇谷。全長52km、流域面積311平方km。

大津市葛川中村町 高島市朽木市場
朽木市場 朽木市場
朽木市場、道の駅くつき新本陣裏手桜並木
朽木野尻、野尻バス停前から見た安曇川堤の桜
安曇川地区床止工  安曇川町上古賀・長尾境
魚道堰が数種類設置されている
安曇川町長尾 左上流、右下流望
安曇川町下古賀
安曇川町西万木付近 湖西線車窓から下流望
白いのは残雪
安曇川南流 安曇川町北舟木 舟木大橋下の川面
安曇川町北舟木 河口左岸堤から

*フレーム解除


▲琵琶湖  ▲サイトトップ