牛滝川

大津川水系二級河川 ・流入先 〜大津川 訓:うしたきがわ

 大阪府岸和田市の和泉山地に発し、泉大津市で槇尾川と合わさり大津川となる川。
二級河川の起点は岸和田市大沢町。全長約17km。

牛滝川支流 深山川 ・松尾川(←久保川東松尾川)

■上流

岸和田市大沢町 いよやかの郷下

 牛滝川の源は、和歌山県との境に聳える葛城山(858m)から来る。
上流沿いにはキャンプ場や温泉があり、休日にはレジャー客の車で渋滞することもある。
川相は、岩盤を削る渓流。層状の岩が河床に露出している。

岸和田市大沢町塔ノ村 通り堂橋から

 塔ノ村付近には、傾斜のきつい道沿いに古い街村がある。
ゆえに土石流危険地帯で、川端には雨量を知らせる電光掲示板が設置されている。
川相は時に大石の転がる石河原、谷が深い。

岸和田市内畑町 阪和高速下

 山地を出る間際には、阪和自動車道が谷を跨いでいる。
巨大な橋脚の下では、牛滝川が小滝をなしている。

■下流

岸和田市田治米町・岡山町境 昭和橋から

 山から出た川は、岸和田市南部の宅地と農地が混交する地域を北西流してゆく。
流域には大小の溜池が散在する。昭和橋の少し上手では、最大の池である久米田池に導水されてゆく。
浅い流れには藻が棚引き、サギ等の水鳥が多数川に立ちこんでいる。

泉大津市板原・忠岡町北出境
左は中板橋から上流望、右は右岸河川敷

ポニー 川はいっとき忠岡町に入り、松尾川を合わせたあと泉大津市と忠岡町の境を成して北西流し、槇尾川との合流を目指す。
よく整備された高水敷は市民の散歩道となる。
なぜかポニーが繋がれていて、一心に草を食んでいる。

*槇尾川との合流点は大津川の項参照


▲大津川  ▲ 泉州の川表紙   ▲サイトトップ