時代劇拝見日記
2017年11月

・日記目次 ・ロケ地探訪 ・ロケ地探訪表紙テキスト版 ・ロケ地一覧 ・時代劇の風景トップ
・このサイトについて ・サイトトップ

←2017/10

2017/11/18

■ 水戸黄門 第7話「時の太鼓とじゃじゃ馬姫」2017.11.15BSTBS

 一関藩のお家騒動、姫の出奔を好機とみた家老は、殿さまを乱心者と言い立て閉じ込めてしまう。このとき、老公一行は一関城下へ来ていた。
結婚を厭い逃げ出した姫さまは、偶然助さんに出会い助けられ、同年代の子供たちの働きぶりを見て何事かを悟る。助さんに連れられ町ではしゃぐくだりは、ちょっとローマの休日。そして、老公が関わった旅の一座の方は、公演差し止めをはねのけてイヤミ芝居「花の一関悪党成敗」を上演するに至る。

ロケ地
  • 一関を見下ろす峠とその後の街道、谷山林道か。杉林の道や、切り通しなど。
  • 一関城イメージ、福知山城。天守のへんちょっといじってある。
  • 小姓の衣を着こんだ姫が追っ手から逃れてくるところへ行き会わせる助さん、大覚寺竹林際草地(追っ手は、一段低い遣水跡の方から来る)。助さんが追っ手をごまかしてやる際、および薪拾いの子らを見る際に竹林内も。
  • 追っ手が走る道、大覚寺心経宝塔基壇石積脇。彼らが去ったあと助さんが包みを持って出てくる。石仏裏で弥七に声を掛けられる(聖天堂映り込み)。姫を隠してあるお堂は護摩堂。
  • 一座と別れ旅立つシーン、大覚寺大沢池堤(北東端あたり)〜遣水跡小径。

2017/11/17

■ 遠山の金さん 第118話「おんな牢犯科帖 消えた死刑囚!」1984.10.25テレ朝

 恋敵のお嬢様に斬りつけられ、揉み合いのすえ傷を負わせてしまう娘だが、このあと殺人犯として入牢。やっていないと叫ぶ娘を見た金さん、お嬢様のお店の内情を調べにかかる。
入牢のくだりは何か、女牢を描きたかった、みたいな画で、思わせぶりな牢名主なども出る。

ロケ地
  • 恋人と会いに夜の神社へ来るお仲、吉田神社竹中稲荷本殿前。信濃屋のお嬢様が現れ、あれはあたしの婿がねと斬りつけてくる。揉み合いは舞殿脇で。設定は「竹中稲荷」、猫目の口からそう語られている。
  • ゆうべお仲に会ったと早田らに話す金さん、三人で推理のお寺は愛宕念仏寺石仏群前、お堂脇。
  • お仲が勤めていた浅草寺境内の茶店に行き、親爺に話を聞く金さん、仁和寺観音堂脇に店を設営。
  • 信濃屋主人殺しの調書を持って来た早田を呼ぶ金さん、仁和寺観音堂基壇(南側)。塔映り込み。
  • 奉行のはからいで牢を出されたお仲、恋人に会いに行き二人で話す町角は仁和寺九所明神本殿前。恋人が始末され、お仲も危ないところへ現れる金さん、祠前。捕り方殺到の際は塔基壇も映り込んでいる。

2017/11/15

■ 遠山の金さん 第117話「狙われた聖女 富貴楼おしの!」1984.10.18テレ朝

 廓の抱え女は、悪党どもの所業を目撃したことから「仲間」に引きずり込まれ、ヤバいブツを運ばされたり、脅しに朋輩を殺されたり、しまいに火付けを示唆される。しかし彼女を見守っていた金さん、火事を「肩代わり」してワルどもを一網打尽に。
最後は、廓を守ったとして楼主に証文をまかせる、粋なお裁き。

ロケ地
  • 吉原の新造が短筒で殺される千束村の水辺、広沢池西岸湿地(養魚場)。新造は西岸沿いの道から走りおりてくる。
  • 新式銃で高値をふっかけられた唐物屋が伊東に反論する際に出る、長崎から運ばれる公儀御用の「ブツ」を乗せた荷駄が関所を通るシーン、酵素ダートか。
  • 太夫の代参に出たおしのに接触し、また巾着に銃を仕込む三八たち、天神島か(林間、燈籠あり)
  • 唐物屋と取引の千束村の御神木、大覚寺天神島。唐物屋はここへ虎さん熊さんの駕籠で来る。遠くに廓の火事騒ぎが聞こえるという設定。このあと三八らが出て取引後、おしのが始末されかかるところへ金さん出てラス立ち。

2017/11/13

■ 遠山の金さん 第116話「女侠一代!鬼子母神のおはな」1984.10.11テレ朝

 一本筋の通った親分が、齢のため引退を決めるが、組を閉める挨拶の場にライバルが乗り込んできて悪態をつく。耐えかねた娘は、自分が継ぐと啖呵を切り、鮮やかな刺青を晒してみせるのだった。
話自体は、旗本奴とつるんで民を泣かす二足の草鞋の成敗。

ロケ地
  • 逃げる大工父子だが追いつかれ斬られ橋から落ちた翌朝、死体が引き上げられる大川、広沢池東岸。ここでは、捨六が旗本・近藤にひどくからまれるシーンも入れてある。橋は村の日本橋。
  • 大島一家の賭場でイカサマにやられかけたおはなを助けた金さん、お礼に団子を奢られる茶店は仁和寺茶所、参道石畳に置かれた床几の向こうに、金堂が映り込んでいる。
  • おはなの回想、実父の渡世人が磯八と果し合いをした竹林、わらびの里か(林床キレイ)
  • おはなと別れた直後、お竜が走り込み報告する門、仁和寺中門。南向きの画で、二王門が映り込んでいる。見返りで茶所屋根もちらり。

2017/11/11

■ 水戸黄門 第6話「愛しき妻は里隠れ」2017.11.8BSTBS

 老公が志津川の浜で出会った、気のいい侍。気の病で療養中という彼は、職務上抱えてしまった屈託のほか、最も身近な存在に大いなる秘密を持たれていた。
老公も「夫」もあずかり知らぬところで、哀しい女の運命は転がされてゆく。

ロケ地
  • 志津川宿へ向かう気仙道、丹後松島平海水浴場・墓地付近の松原。年寄り扱いされて怒った老公がずんずん行って転ぶ浜は平海水浴場の浜、陸繋島が見えている。
  • 「風」に呼び出された詩乃が赴く小森の社、廣峰神社。詩乃は鳥居前に、薬売りは参道中門をくぐりおりてきて久本に誰何される。このとき、提灯を返しに来た助さんが前の道に。
  • 追っ手から逃げた田代夫婦、詩乃が足を痛め久本が出て危機の丘、大成古墳群の丘。遠くに犬ヶ岬が望まれ、眼下の柱状節理も見えている。崖下から見上げた画もある。
  • 田代と別れる老公、間人・竹野川河口左岸汀。詩乃を捜し続けると小十郎。
  • 当地を発つ一行、間人海岸。背景に立岩が来ている。

2017/11/10

■ 遠山の金さん 第115話「愛か死か!美しき女囚の脱走」1984.9.27テレ朝

 晒し者にされる不義密通の妻女だが、金さんが不審を抱いたとおり複雑な事情あり。そも、現場に踏み込んで相手の男を成敗した亭主が、妻は斬れぬという事実が全てを物語っているのだった。

ロケ地
  • 早田とお竜に、お栄の事件は不義密通成敗を装った殺人と話し調査を指示する金さん、ツナギの茶店は仁和寺観音堂脇に出ている。他の露店も演出。
  • 遠島になるお栄が護送されてゆく朝靄の林、下鴨神社糺の森〜池跡。まず亭主の多聞が現れ、彼が斬られたあと金さん出て大暴れ。

2017/11/8

■ 遠山の金さん 第114話「水中乱舞!!忍びの女六人衆」1984.9.20テレ朝

 悪徳商人の手先となって金品強奪を繰り返す忍者、それがため里の男たちを捕らえられてしまった女たちは、冤罪を晴らすべく江戸へ出てくる。雑賀の流れを汲む忍びの、派手な男女バトルが展開される。

ロケ地
  • 早田さまが倅たちに水練の稽古をつける川、流れ橋下木津川(金さんは釣り。場面としては、殺された丁稚の土左衛門発見が主体)。橋ももちろん映っていて、猫目のダンナが再度来る際は蔵など橋たもとに配されている。設定は吾妻橋。橋なかばに、下へおりる階が付けられている。
  • 生駒山中から出てきたくノ一たちが薬草を売る富岡八幡宮、仁和寺経蔵前。
  • 出開帳の駒札を見ていた葛城屋久兵衛をつけるくノ一のお小夜、仁和寺裏塀際〜鳥居本八幡宮林間(男忍者に捕まり拉致される)
  • お小夜が殺されて吊るされる向島長命寺、大覚寺天神島の木。その後くノ一の頭目・波江が金さんに素性を告白するシーンは護摩堂前。回想シーンで出る、里の男たちがひかれてゆく河原は木津か桂か。

2017/11/6

■ 遠山の金さん 第113話「炎の女用心棒!黒猫のお銀」1984.9.13テレ朝

 黒猫を抱いた凄腕の女用心棒は、母を棄てた男を狙うが、それはその男の縄張りを狙う悪党によって仕組まれた憎悪だった。
猫の首についていた、「父母」の愛の形見の夫婦鈴が、親子の情を結びなおす。

ロケ地
  • 聖天一家が用心棒を集めているため警戒に出ている猫目ら、お銀を誰何して凄まれ川に落ちる橋、中ノ島橋
  • 桝屋の若者頭が殺され検分の水辺、広沢池西岸湿地
  • 祭りの準備がなされるやしろ、大覚寺五社明神。ここは後段何度も出てくる。朱玉垣があしらわれている。
  • 聖天一家と火盗改がつるんでいると金さんに報告するお竜、大覚寺放生池堤〜天神島祠脇。
  • 元右衛門の名を呟くお銀、大覚寺大沢池船着(小)。母の死後「父」への憎しみを糧に生き渡世人となった回想シーン、旅行く街道は北嵯峨農地農道。
  • 桝屋の内通者・長次をつけるお竜、入ってゆく白木屋の寮は広沢池東岸建物(竹塀)。ここへ、火盗改に捕まったはずの桝屋の若親分が連れ込まれ拷問されている次第。
  • 水辺に佇むお銀に声をかけ、お銀の母の芸者と元右衛門の仲を裂いたのは九郎兵衛と告げる金さん、大覚寺大沢池堤。五大堂や塔が映り込んでいる。
  • 元右衛門を騙して連れ出す長次、駕籠がゆく道は広沢池畔か。行く先は東岸建物、ここへ九郎兵衛がお銀を伴って船で来る運び。長次はその船で帰れと言われ、用心棒に始末される(助かっていて全部ゲロの運び)
  • 事後、あの女用心棒はどうしたかと話す猫目たちの前を、娘姿のお銀が通る町角、広沢池観音島。茶店や露店あしらい。

2017/11/4

■ 水戸黄門 第5話「硯の里の仇討ち」2017.11.1BSTBS

 雄勝の里で老公を助けてくれた里人、その人こそ助格が連れてやって来た仇討ち姉弟の目指す男だったという偶然。硯の里に巣食う悪党どもを懲らし印籠が出たあと、老公によって「仇」の真実が明かされるのであった。

ロケ地
  • 石巻へ向かう一行、船頭の歌に聞きほれる渡し場は琵琶湖東岸。このあと助さんと口喧嘩の松原も同所か。
  • 助格を置いて一人行ってしまった老公、道に迷い崖から落ちる里は酵素か。助けてくれた里人・宗助の小屋は酵素河川敷川べりに設営。
  • 老公を捜しまわる助格、林間は酵素か。山脇姉弟をゴロツキから助ける道は酵素ダート?
  • 硯の原料の石を見せてもらう老公、雑木まじり竹林に大岩のアレか。ここは玄竜ら襲撃の際にも出てくる。
  • 助格と姉弟が休む谷川、清滝河畔。
  • 事後、姉弟と別れゆく一行、大覚寺遣水跡。菊ヶ島が見えている。

2017/11/2

■ 遠山の金さん 第112話「呪いの妖術 メトロノームに泣く女!」1984.9.6テレ朝

 亭主と別れたい女心に付け込み、金をとったうえ売春までさせる悪党あり。その男長崎の医者くずれで、メトロノームを使った怪しの催眠術を操るのであった。

ロケ地
  • 縊死しているおせいを見つける猫目、中ノ島橋上。下駄につまづいて欄干に気付く運び。金さんやお志津を含む見物衆は護岸上にも。
  • 結婚相談所を出てくるおすみたちを見た後、おすみの事情について話す金さんとお竜、大覚寺天神島朱橋上。
  • おすみのDV亭主・吉之助が連れ込まれるお堂、大覚寺聖天堂。中はセット、小十郎がいてお香とメトロノーム併用で術にかける。
  • 術にかかった吉之助がぶつぶつ呟きながら行くのを目撃する金さん、大覚寺護摩堂前。

2017/11/1

■  遠山の金さん 第111話「夜霧に消えた南蜜首飾りの女!」1984.8.30テレ朝

 人の亭主を焼き殺したかどで獄門になった毒婦、しかし真相はというお話。上方弁の女が不自然に出てきて、「関係者」のまわりに獄門首の作り物が飛び交う、派手な展開。
西田健の色悪もなかなか。

ロケ地
  • おもんの首が晒される鈴ヶ森、下鴨神社河合社脇。
  • 首紛失の件を慌てて報告に来る早田、金さん鳩に餌やりのお堂は六角堂。門越しの図のほか、お堂前石畳から南の方をぐるっと見た画もある。
  • 阿蘭陀屋清吉のことを金さんに報告するお竜、仁和寺金堂(石段をおりてくる)
  • おもんの罪状は確かなのか問う金さん、仁和寺観音堂階脇。
  • お絹を救出したあと、彼女を問いただす金さん、仁和寺経蔵前。

←2017/10

・日記目次 ・ロケ地探訪 ・ロケ地探訪表紙テキスト版 ・ロケ地一覧 ・時代劇の風景トップ
・このサイトについて ・サイトトップ