時代劇拝見日記
2021年4月

・日記目次 ・ロケ地探訪 ・ロケ地探訪表紙テキスト版 ・ロケ地一覧 ・時代劇の風景トップ
・このサイトについて ・サイトトップ

←2021/3

2021/4/3

■ 小吉の女房2 第1話「勝家、地主から追い立てをくらう」2021.4.2BSP

 おばば様亡きあと、幼女・お順にその面影を見つつ過ぎゆく、勝家の日常。ここへ持ち込まれる騒動は、大家の岡野家から。
頼りないボンクラ当主は、とんだ悪党に付け込まれてお家を窮地に陥れていた。
お信のお習字、「義を見てせざるは勇無きなり」。

ロケ地
  • 蛮社の獄のことが語られるくだり、江戸城イメージに皇居巽櫓ナメて桔梗門を望む図。石垣の上に櫓を足してあるほか、門前の橋も変えてある。
  • 岡野家へ乗り込む小吉、妙心寺大庫裏門。西側の路地を歩いてくる。賭場が開帳されている内部はセット撮り。
  • 岡野家の用人・丈助が直訴におよぶくだり、潜んでいるのは妙心寺小方丈入口。老中の駕籠が来るのは微妙殿と雑華院の間の路地、奥に大心院裏手の塀が見えている。
  • 本所亀沢町の男谷家、妙心寺天祥院門。兄が小吉に釘をさすくだり、イメージのみ。

2021/4/2

■  水戸黄門 第17部 第10話「泣き笑い献上仏壇」1987.11.2TBS

 名古屋への道で拾った巡礼父子、仮病くさいし親子にしては年合わないし何かヘンと思ったは大当たり、勘当息子の馬鹿な芝居。ここから、若旦那のお店の職人に話が飛び、博打狂いの彼がライバル店にハメられる大騒ぎに発展してゆく。
自身も博打でスって一文無しの老公、「お金は大納言様にちょっと」などとお茶目をしてのける。

ロケ地
  • 名古屋城イメージ、本物の天守。
  • 当地を発つ一行(帰国は延期して千春のため四国へ向かう)大覚寺大沢池堤

←2021/3

・日記目次 ・ロケ地探訪 ・ロケ地探訪表紙テキスト版 ・ロケ地一覧 ・時代劇の風景トップ
・このサイトについて ・サイトトップ