愛知川  下流〜河口  東近江市五個荘和田町/愛知川町〜能登川町/彦根市


源流・八風谷/源流・山峡の渓流/上流・永源寺ダム〜谷口/中流・蒲生野/下流〜河口
→愛知川表紙

東近江市五個荘和田町 左岸堤から見た愛知川(東望)
東近江市五個荘和田町−愛知川町愛知川境 川中から上流望
河原(下流望) 棚引く藻

 上写真は旧五個荘町と愛知川町の境。
和田山に当る形で北流していた愛知川が向きを北西に振りはじめるあたり。
この付近ではよく州を形成し乱流する。
白い礫で埋まった河原に、青い水脈が美しい。
ゴロ石が転がる川では、投網を振るう人も見られる。

彦根市・能登川町境 八幡橋から 左上流、右下流望
川面

 上写真は県道2号の橋から。上段左写真に見える鉄橋はJR東海道本線。
広い河原に州をつくる相は相変わらず。
この付近では左岸側に大同川が接近している。
かつて水害多発地帯で、堤切れにより流出した土砂が砂山となり痕跡を残している。

日本電気硝子 大同川畔から見た愛知川堤

 能登川町今地区に建つ日本電気硝子の工場は、もと烏山と称した小丘を削って作られた。
その丘は、愛知川が氾濫決壊して押し流した土砂が堆積した砂山であった。
上写真左は能登川町川南と小川地区境を流れる大同川の橋上から愛知川堤を遠望したもの。
この部分の大同川堤は、愛知川堤切れの際の流送土砂の名残りだという。

能登川町栗見出在家 左岸堤から上流望
能登川町栗見出在家 左岸堤から北望
能登川町栗見出在家 左岸堤から下流(河口)

 愛知川河口は湖に突出しているので、ここでは湖周道路も湖から少し離れている。
湖周道路の愛知川橋(上写真上段に見える橋)の下では、流れはほぼなくなる。
河畔林は姿を消し、堤は高くなる。
水辺には釣り客やキャンパーなど人出が多い。

河口汀(上流望) 左岸河口から
河口から湖と対岸 左岸堤と湖
河口・右岸堤から
島影は沖ノ島
新海浜
奥に見えるのは荒神山

 河口付近の右岸堤からは、左岸堤越しに沖ノ島が望まれる。
右岸側の湖岸には砂浜が形成され、新海浜水泳場として整備されている。

荒神山から見た愛知川河口州
島影は沖ノ島

*フレーム解除


源流・八風谷/源流・山峡の渓流/上流・永源寺ダム〜谷口/中流・蒲生野/下流〜河口
→愛知川表紙


▲琵琶湖  ▲サイトトップ