冬野川  下流部  ・源流 ・上流 ・冬野川表紙


上居
↑上居の堰
←上居地区右岸から谷を見上げる

 上居(じょうご)地区は、冬野川の谷を遡る入口となる。
みっしりと作り出された棚田は、まさに「耕して天に至る」風景。
石堰から迸る水も飛鳥の典型的風景のひとつ。

上/都橋から上流望
下/橋下の川面
都橋から下流望
直下に堰堤

 冬野川沿いを下って祝戸(いわいど)へ出る谷口の道は別れとなっていて、右へ行けば明日香村中心部、左へ行けば吉野へ通じる。
この道隈に架かる都橋から見る川は、まだ深い谷を成している。
傾斜がきついので、数多くの堰堤が設けられる。

明日香村祝戸 祝戸橋から上流望 祝戸橋 北詰から南望
祝戸橋下をゆく最下流部 河口 奥は飛鳥川

 石舞台古墳の南を過ぎた川は、祝戸橋をくぐってほどなく飛鳥川に注ぐ。
この橋は、シーズンにはレンタサイクルに乗った観光客でごった返している。

河口←飛鳥川に注ぎ込む冬野川
  手前が飛鳥川


 祝戸橋下から飛鳥川に注ぐまでは、栗石を敷き詰めた河床を流れる。
ごく浅い流れゆえ、水の少ない季節には緑藻が目立つこともある。


*フレーム解除

▲冬野川表紙  ▲飛鳥川  ▲大和川  ▲サイトトップ