山畑川

旧淀川3次支流 ・流入先 〜恩智川寝屋川旧淀川 ☆淀川水系 訓:やまたけがわ

 大阪府八尾市東部を流れる、恩智川の支流。
八尾市大窪の立石峠付近に発し西流、山畑・服部川地区を流れ、東町一丁目北縁をかすめ、東山本町6丁目と7丁目の境で恩智川右岸に注ぐ。

八尾市山畑

 源流の谷筋には「立石越」という平群へ抜ける旧道が通じる。信貴山や竜田・松尾へ詣る道であったらしく道標にもそれらの目的地が刻まれている。
また、山畑地区の最源流部には行場系の寺院群が密集している。
源流の谷筋には溜池が数多く作られ、谷水利用の古い歴史がうかがわれる。
上流域の谷筋は集落と田畑の間を抜けてゆく。その細い谷はごく最近改修された模様で真新しい白いコンクリート三面張りとなっていたが、河床にはゴロ石も残り谷水は小さな水音を立てて下る様が見られた。

山畑・服部川六丁目境  左写真奥の建物は高安小

 山畑地区の山畑総池・寶積寺・佐麻多度神社付近から下は暗渠となり、山畑・服部川地区境の傾斜地にある集落を下る付近では地表流は見られない。
地表流が姿を現すのは八尾市立高安小学校の南である。ここは道も別れとなっていて、立石越とおおと越の分岐点であるらしい。
流域には造園業が多く見られ、道端に大きな庭石がごろんと置かれているのをよく目にする。

山畑・服部川五丁目境 河口

 平地に出た川はくねくねと蛇行し河口を目指す。さしたる天井川化は見られない。
このあと恩智川に架かる中高橋の上手で恩智川右岸に注ぐ。
河口には些か気になる泡が消えずに漂うが、常連らしい釣り人はその泡の中に竿を垂れていた。

*フレーム解除


▲恩智川   ▲寝屋川   ▲旧淀川   ▲淀川   ▲サイトトップ