大岡越前2

2014年10月〜12月 NHKBSプレミアム/CAL (BS時代劇)

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

第1話 「町火消し誕生」 2014.10.3

 お忍び上様が火災消火の実情に触れたことで、かねてより忠相が内申の、町火消し実現に向けて事態が動く。
この間、鳶の若者が火事場でガエンに殺されたり、火事場泥棒をはたらいた直参の悪事が露見したり、竜吐水が作られたりと、エピソードが散りばめられる。

仁和寺

ロケ地

  • 南町奉行所、大覚寺明智門。ガエンを洗うよう、源さんから指示が出るくだり。
  • ガエン・定八を見張る筧たち、定八が直参・佐久間忠蔵に接触する「物陰」は仁和寺黒門脇蔵の裏手(塀との間)。ラックに竹が挿し込まれている。
  • 卯之吉が死亡することになった火災現場イメージ、炎上する蔵の下に演出されている水面は桂川か。
  • 江戸城イメージ、皇居富士見櫓等外観ロング。忠相が上様に会う縁先、金戒光明寺方丈縁先・紫雲の庭側。鳶の件で若年寄から捻じ込まれたと上様に皮肉を言われるものの、町火消しについて手応えを得る場面。
  • 忠蔵をつける筧たち、仁和寺塔下林間。このあと忠蔵が定八と接触し斬り殺す茶店跡は仁和寺茶所、お休み処と書かれた破れ障子が中に重ねて置かれているほか、葭簀がずらっと下げられている。
  • 上覧の出初式、江戸城イメージに皇居大手高麗門。各組の纏が揃う庭は金戒光明寺方丈前庭・上様や幕閣は方丈縁先に。禅道場の煙抜きが映り込んでいる。

大岡忠相/東山紀之 榊原伊織/勝村政信 雪絵/国仲涼子 三次/近藤芳正 田所新八/寺島進 千春/原田夏希 辰三/石井正則 筧陣内/金山一彦 子吉/山崎裕太 水野和泉守忠之/渋谷哲平 片瀬堅太郎/加藤頼 橋田孫兵ヱ/木谷邦臣 立花喬之助/黒川英二 お秀/亜呂奈 お花/市山京香 土屋相模守政直/鈴木林蔵 お蝶/釈由美子 佐久間忠蔵/市川月之助 佐久間玄蕃/大出俊 卯之吉/比留間由哲 与六/松田優 定八/石塚義之 伊三郎/伊吹剛 村上源次郎/高橋長英 妙/松原智恵子 徳川吉宗/平岳大 大岡忠高/津川雅彦

脚本/大西信行 演出/矢田清巳


第2話 「狙われた越前」 2014.10.10

 忠相を弟の仇と狙う女賊だったが、斬りつけたあとで真実を知る。名うての賊を捕縛できたのは彼女のお蔭と大甘判決が下り、もうひとつ望外の喜びも降ってくるのだった。

仁和寺

ロケ地

  • お使い中のお鈴にからむチンピラ、仁和寺中門前石段下参道。まず忠高が介入し、次いで筧と勘太が割って入る。勘太らは中門から走り出て来る。
  • アジトの飯屋近くに忠相を見た伊佐治、お鈴を呼びにやらせる。お鈴が駆けつけてくるルートは仁和寺九所明神鳥居〜拝殿前(手下が待っていてこっちと誘導)
  • 忠相と伊織がいる茶店、仁和寺茶所。伊佐治の手下とともに挑むお鈴だが失敗、地に転んだお鈴のもとへ元三がよろばい出て奉行は仇でないと言いかけるも、発作を起こし昏倒。この間トイレに行っていた忠高が、手を拭きながら奥から出てくる運び、茶所内の花頭窓が映り込んでいる。
  • 忠高の問いにこたえて、元三に拾われた経緯を語るお鈴のくだり、大覚寺。父母を亡くし幼い弟を連れて飢え、人の財布を盗った茶店、大覚寺五社明神に設営。見ていた元三がさっと姉弟をその場から連れ出し、食べ物を与え諭すシーンは護摩堂、姉弟は縁先に座らされ、元三は池に財布を放る。護摩堂脇にも煮売りの露店が出ている。

大岡忠相/東山紀之 榊原伊織/勝村政信 雪絵/国仲涼子 三次/近藤芳正 田所新八/寺島進 千春/原田夏希 勘太/柄本時生 辰三/石井正則 筧陣内/金山一彦 子吉/山崎裕太 片瀬堅太郎/加藤頼 橋田孫兵ヱ/木谷邦臣 立花喬之助/黒川英二 お秀/亜呂奈 お花/市山京香 お鈴/宮本真希 山背の伊佐治/高知東生 州走りの元三/河原崎建三 狢の清兵衛/近童弐吉 恒吉/竜川剛 源助/ささの友間 村上源次郎/高橋長英 妙/松原智恵子 徳川吉宗/平岳大 大岡忠高/津川雅彦

脚本/尾西兼一 演出/金鐘守


第3話 「父、白洲に座す」 2014.10.17

 著名なネタ「大工調べ」、よけいな擽りは入れずゆっくり丁寧に筋をたどる。忠高や大家に大仰な演技をさせ、判決の意図を説く段で総花的にメンバーを使う。
大工が憎からず思う娘の、病んだ母に「志保さん」を宛ててあるのはサービスか。

ロケなしセット撮り

大岡忠相/東山紀之 榊原伊織/勝村政信 雪絵/国仲涼子 三次/近藤芳正 田所新八/寺島進 千春/原田夏希 勘太/柄本時生 辰三/石井正則 筧陣内/金山一彦 子吉/山崎裕太 片瀬堅太郎/加藤頼 橋田孫兵ヱ/木谷邦臣 立花喬之助/黒川英二 お秀/亜呂奈 お花/市山京香 留吉/松崎悠希 お千代/根本りつ子 お絹/高橋あゆみ 政五郎/伊沢勉 お辰/かずさ容子 おかね/澤恵子 六兵ヱ/寺田農 村上源次郎/高橋長英 妙/松原智恵子 徳川吉宗/平岳大 大岡忠高/津川雅彦

脚本/大西信行 演出/金鐘守


第4話 「しじみ売りの少年」 2014.10.24

 健気な蜆売りの少年を皆で見守っていたが、その子の父が殺人容疑で捕まってしまう。しかも父は黙秘、このままではというところ、お奉行の一言で流れは変わってゆく。

広沢池

ロケ地

  • 郁太郎が蜆をすなどる河岸、広沢池東岸近くの浅瀬。背景に、団体敷地の芝地が映り込んでいる。
  • 役宅へ来て雪絵奥さまにたぬきへ紹介の礼を述べた郁太郎、役宅の台所を出てゆく姿は大覚寺明智陣屋、カメラ中から。
  • たぬきへ飯を食いに来て、郁太郎のことを聞いた伊織、帰り道で郁太郎の父の八神浪人を見かけ意見する水辺、大覚寺天神島鳥居前汀。
  • たぬきへ道具を置いたまま戻らぬ郁太郎を案じ捜しに出る子吉、名を呼ばわるのは大覚寺天神島、導入は北側から見たシルエット。ここへ、伊織や雪絵奥さまもやって来る。
  • お白州シーンの前に大覚寺明智門

大岡忠相/東山紀之 榊原伊織/勝村政信 雪絵/国仲涼子 三次/近藤芳正 田所新八/寺島進 辰三/石井正則 筧陣内/金山一彦 子吉/山崎裕太 片瀬堅太郎/加藤頼 橋田孫兵ヱ/木谷邦臣 立花喬之助/黒川英二 お秀/亜呂奈 お花/市山京香 八神郁太郎/鈴木福 八神直介/中村靖日 松田金吾/石橋保 井澤屋徳兵衛/小宮孝泰 村上源次郎/高橋長英 妙/松原智恵子 大岡忠高/津川雅彦

脚本/大原久澄 演出/矢田清巳


第5話 「名裁き餅騒動」 2014.10.31

 お忍びの上様がキューピッドとなった恋人たちは、半年後店を持つに至るが、繁盛が仇となりトラブルが持ち上がる。
幾世餅のブランドをめぐり、譲らぬ双方の心奥を見透かし痛いところを突く大岡裁き、お白州には「紺屋高尾」まで登場する。

梅宮大社

ロケ地

  • 陰供をまいてご満悦の上様、伸びをする橋は中ノ島橋。橋上手中州岸に与吉が座っていて、ぶつくさぼやきつつ幾世餅を食らう。その後橋から身投げしようとした与吉を上様が止める。
  • 与吉が恋しく思う娘・おみよを連れて来てやる上様、梅宮大社楼門、舞殿脇。ここは後段にも登場。
  • 辰と子吉が下総・臼井へ向かう道、不明(松並木)。印旛沼、内湖か(広い水面、生えかけ?の葦原にはオオバンの群れ)。三好屋の元番頭・嘉助宅もロケか。
  • 片瀬が幾世を訪ねてゆくシーン、染糸を洗う小川は上賀茂神社ならの小川
  • 三好屋の訴状により開かれるお白州のくだり、南町奉行所門に大覚寺明智門

大岡忠相/東山紀之 榊原伊織/勝村政信 雪絵/国仲涼子 三次/近藤芳正 田所新八/寺島進 千春/原田夏希 辰三/石井正則 筧陣内/金山一彦 子吉/山崎裕太 水野和泉守忠之/渋谷哲平 片瀬堅太郎/加藤頼 橋田孫兵ヱ/木谷邦臣 立花喬之助/黒川英二 お秀/亜呂奈 お花/市山京香 土屋相模守政直/鈴木林蔵 与吉/芦田昌太郎 三好屋徳兵衛/松澤一之 おみよ/福田沙紀 幾世/青山倫子 村上源次郎/高橋長英 妙/松原智恵子 徳川吉宗/平岳大 大岡忠高/津川雅彦

脚本/沢橋凜 演出/矢田清巳


第6話 「手鎖御用旅」 2014.11.7

 若手同心・片瀬が言い付かった護送任務には、手配の文吉を「判定」せよとの暗意があった。道中、馬鹿な逃げられ方をしたり、二人で人助けをしたりするうちに、心は通じ合ってゆく。
そしてお白州、阿漕な金貸しと楼主の痛いところをぴしぴしと突いてゆくお奉行であった。

大堰川堤

ロケ地

  • 旅姿で奉行所を出立する片瀬、大覚寺明智門。岡っ引三人組が見送りに出る。帰還の際も使われる。
  • 石和へ向けて甲州街道をゆく片瀬、大堰川河川敷(河畔林と堤の間)、土手道(富士を合成)。石和代官所塀際は民家南塀際、代官所門はセット撮り。
  • 文吉を護送しての復路、トイレで逃げた文吉を追うシーンは大堰川河川敷丹波国分寺(門内で雲助にボコられていたところへ駆けつけ)。その後手当てしてやる川辺は大堰川堤法面か。
  • なお街道をゆく二人、文吉が足を止めて地蔵の供花を直すのは丹波国分寺付近、お昼を使う茶店は大堰川河川敷(堤を街道に見立て、旅人あしらい)。女児が溺れているのに出くわし助けるのは広沢池東岸
  • 金杉から出る、文吉をのせた流人船、大覚寺大沢池船着(大)。片瀬が見送る。沖をゆくその船を見送りに出るお市(伊織・千春付き)広沢池観音島

大岡忠相/東山紀之 榊原伊織/勝村政信 雪絵/国仲涼子 三次/近藤芳正 田所新八/寺島進 千春/原田夏希 勘太/柄本時生 辰三/石井正則 筧陣内/金山一彦 子吉/山崎裕太 片瀬堅太郎/加藤頼 立花喬之助/黒川英二 お秀/亜呂奈 お花/市山京香 文吉/田村幸士 お市/陽月華 お徳/大島蓉子 宗兵ヱ/石山輝夫 喜久次/坂西良太 寅八/木下通博 伊太吉/柴田善行 村上源次郎/高橋長英 妙/松原智恵子 徳川吉宗/平岳大 大岡忠高/津川雅彦

脚本/大西信行 演出/山下智彦

※茶店の親爺に小峰さん、雲助の一人に本山力、共にクレジットはベタ。お白州、縁先近くに控える同心に福ちゃん。


第7話 「つきまとい」 2014.11.14

 のっけからストーカー殺人を描き、お上の怠慢を怒る母に対し北町の代わりに詫びる奉行を出しておいて、本番の事件は雪絵奥さまの友人のケース。
痴れ者のどら息子の狂態や毒母の憎態さは今っぽいが、雪絵懐妊疑惑でどたばた騒ぐご老人たちは滑稽なくらい古典的。

妙心寺

ロケ地

  • 雪絵が襁褓用の古着を貰い受けに行く実家・吉本邸、妙心寺東海庵(東側)。壁の線は消してあるかも。
  • 香織が白州で語る回想シーン、嫁ぐ前、亡父の前借りを頼むため市之助に声をかけた町角、妙心寺雲祥院門の狭間(向かって右)前。場所の設定、ストーキングははじまっていたので、香織の家かも。
  • 事後、忠相と釣りをしながら話す上様、大覚寺天神島・東端汀。

大岡忠相/東山紀之 榊原伊織/勝村政信 雪絵/国仲涼子 三次/近藤芳正 田所新八/寺島進 千春/原田夏希 勘太/柄本時生 辰三/石井正則 筧陣内/金山一彦 子吉/山崎裕太 片瀬堅太郎/加藤頼 橋田孫兵ヱ/木谷邦臣 立花喬之助/黒川英二 お秀/亜呂奈 お花/市山京香 香織/大路恵美 駿河屋徳三郎/冨家規政 市之助/丹羽貞仁 西海屋庄右ヱ門/加納健次 おくま/美苗 おせい/沢田亜矢子 村上源次郎/高橋長英 妙/松原智恵子 吉本作左ヱ門/加藤武 徳川吉宗/平岳大 大岡忠高/津川雅彦

脚本/大原久澄 演出/金鐘守


第8話 「雨の夜の辻斬り」 2014.11.21

 雨が降ると出る、白装束の辻斬りをモチーフに、ある浪人夫婦が困窮から救われるさまを描く。
名奉行が傘貼り浪人の境遇を知るや、あれよあれよと明るい方へ。最終的に辻斬りと対峙するのも、忠相であった。

広沢池

ロケ地

  • 南町奉行所、大覚寺明智門。辻斬りについて同心たちが忖度するくだり。
  • 妙をお供に釣りに出かける忠高、広沢池観音島。場所を変えて、先にそこで釣っていた宮野辺浪人に声をかけるくだりは、東岸にスイッチ。訳を聞いて、たった一匹釣れていた鯉を譲る。
  • 宮野辺浪人も「協力」して、夜っぴいて辻斬り探索をするものの、空しく明けた暁イメージ、桂川・臨川寺地区左岸から東山にのぼる朝日を見る図。
  • 養生所へ入った女房のため着替えを取りに帰る宮野辺浪人、辻斬りに遭遇する竹林は北嵯峨か。

大岡忠相/東山紀之 榊原伊織/勝村政信 雪絵/国仲涼子 三次/近藤芳正 田所新八/寺島進 千春/原田夏希 辰三/石井正則 筧陣内/金山一彦 子吉/山崎裕太 水野和泉守忠之/渋谷哲平片瀬堅太郎/加藤頼 橋田孫兵ヱ/木谷邦臣 立花喬之助/黒川英二 お秀/亜呂奈 お花/市山京香 土屋相模守政直/鈴木林蔵 宮野辺誠四郎/野久保直樹 志津/吉井怜 白坂刑部/市瀬秀和 森三左衛門/内山森彦 村上源次郎/高橋長英 妙/松原智恵子 徳川吉宗/平岳大 大岡忠高/津川雅彦 

脚本/大西信行 演出/矢田清巳


第9話 「嘘つき婆さんの涙」 2014.11.28

 いい年をして小悪党のおはま婆さん、二十年も会っていない倅が、大店の三番番頭になったうえ、お店のお嬢様と祝言の運びで、彼女を連れて会いに来るというからタイヘン。後添で楽隠居とか吹いていた婆さん大慌て、ふつう周りの者が芝居こいてというのがお決まりだが、今回はとんでもない向きに魅入られてしまうパターン。嘘つき婆に、人情裁きが降ってくる。

中ノ島橋

ロケ地

  • 寅蔵が用意する隠居所、大覚寺望雲亭。入口をイメージに使う。
  • 町方が張り込んで待つ、脅迫状に指定の富岡八幡宮、梅宮大社。舞殿越しに本殿を見て右にパン、参集殿を映す(この「神輿小屋」の中に同心らが潜む絵にしてあるが、芝居はセット撮り)
  • 身代金を持って出た蓬莱屋江戸店の番頭・蓑吉が、下をゆく船に金を投げる橋は中ノ島橋。ここも手配済みであったが、法華の衆に紛れて接触され、してやられてしまう。放し鰻の売り子に化けた子吉が張り込んでいるところから、門前の大島川・蓬莱橋設定か。

大岡忠相/東山紀之 榊原伊織/勝村政信 雪絵/国仲涼子 三次/近藤芳正 田所新八/寺島進 千春/原田夏希 勘太/柄本時生 辰三/石井正則 筧陣内/金山一彦 子吉/山崎裕太 片瀬堅太郎/加藤頼 橋田孫兵ヱ/木谷邦臣 立花喬之助/黒川英二 お秀/亜呂奈 お花/市山京香 おはま/中村玉緒 鶴吉/星田英利 羅漢の寅蔵/成瀬正孝 蓑吉/小野寺丈 お志乃/柳生みゆ 権太/両国宏 銀次/井上幸太郎 村上源次郎/高橋長英 妙/松原智恵子 徳川吉宗/平岳大 大岡忠高/津川雅彦

脚本/小木曽豊斗 演出/金鐘守


第10話 「天下の大喧嘩」 2014.12.5

 倹約令に逆らい、町をブイブイ練り歩く華美侍の一人は、なんと尾張宗春自身。忠相は、挑発に乗らぬよう部下たちに通達するが、敵は忠高を格好の的と見定めていた。
部下一同白装束の名場面はもちろん、青春ドラマみたいな、吉宗・宗春サシでの「対決」も入っている。

東福寺

ロケ地

  • 宗春が忠相に嫌味を言い挑発する江戸城廊下、東福寺方丈回廊〜前縁。
  • 忠相が岳父・作左に呼び止められ、忠高の仕出かしたおおごとを知らされる廊下、東福寺通天橋
  • 覚悟を決めた忠相が乗り込んでゆく、尾張家上屋敷、随心院薬医門。駕籠は北から来る。このあと大玄関へ、門は閉じられる。門は、後段忠高が将軍家使者としてやってくる際にも出る。
  • 吉宗と宗春が一対一の果し合いをする護持院ヶ原、下鴨神社池跡

大岡忠相/東山紀之 榊原伊織/勝村政信 雪絵/国仲涼子 三次/近藤芳正 田所新八/寺島進 千春/原田夏希 勘太/柄本時生 辰三/石井正則 筧陣内/金山一彦 子吉/山崎裕太 水野和泉守忠之/渋谷哲平 片瀬堅太郎/加藤頼 橋田孫兵ヱ/木谷邦臣 立花喬之助/黒川英二 お秀/亜呂奈 お花/市山京香 土屋相模守政直/鈴木林蔵 徳川宗春/渡辺大 井本角兵衛/千葉哲也 生沢頼母/杜澤たいぶん 内藤日向守/井上高志 金森半九郎/大橋てつじ 村上源次郎/高橋長英 妙/松原智恵子 吉本作左ヱ門/加藤武 徳川吉宗/平岳大 大岡忠高/津川雅彦

脚本/大西信行 演出/山下智彦


 → 大岡越前(東山紀之)第一シリーズ
 → 大岡越前(東山紀之)第三シリーズ
 → 大岡越前スペシャル「白洲に咲いた真実」


・日記目次 ・ロケ地探訪 ・ロケ地探訪テキスト版目次 ・ロケ地一覧
・時代劇の風景トップ  ・サイトトップ