大岡越前4

大岡越前4

2018年1月〜3月、NHKBSプレミアム

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴

第1回 「初夢・千両富」 2018.1.12

 庶民のささやかな夢である富籤、ひとの心を狂わせるが大岡裁きで昇華されるという情話。これに、養生所医師入れ替わりのエピソードをからめる。伊織は、何やら秘事を匂わせて旅立ってゆく。

梅宮大社

ロケ地

  • 富突きが行われる富岡八幡宮、梅宮大社。行事は舞殿で。また、後段湯島天神での富突きも同所、映り込むものとか、少しアングルを変えてある。

大岡忠相/東山紀之 榊原伊織/勝村政信 雪絵/ミムラ 辰三/石井正則 筧甚内/金山一彦 子吉/山崎裕太 片瀬堅太郎/加藤頼 立花喬之助/黒川英二 橋田孫兵ヱ/木谷邦臣 おいね/由夏 お秀/亜呂奈 お花/清川千里 結城新三郎/寺脇康文 八助/梨本謙次郎 幸兵ヱ/秋野太作 おいと/藤井武美 お筆/杉山美穂子 村上源次郎/高橋長英 吉本作左ヱ門/寺田農 妙/松原智恵子 徳川吉宗/平岳大 大岡忠高/津川雅彦

脚本/尾西兼一 演出/矢田清巳


第2回 「貧乏長屋のお奉行様」 2018.1.19

 町へ出た折、冤罪事件の匂いを嗅いだ忠相は、月番のこともあり一芝居打つことを思いつく。両親や妻も巻き込んでの仕掛けは、みごと悪党を仕留めるが、雪絵は参加させないほうがよかったんじゃないかという事情が明らかとなる。

ロケなしセット撮り

大岡忠相/東山紀之 結城新三郎/寺脇康文 雪絵/ミムラ 辰三/石井正則 筧甚内/金山一彦 子吉/山崎裕太 片瀬堅太郎/加藤頼 立花喬之助/黒川英二 橋田孫兵ヱ/木谷邦臣 おいね/由夏 お秀/亜呂奈 お花/清川千里 文蔵/仁科貴 咲/秋月成美 神崎五郎次/中本賢 井原十次郎/柄沢次郎 山城屋仙右衛門/曽我廼家八十吉 仙之助/中山麻聖 太一郎/溜大宙 村上源次郎/高橋長英 吉本作左ヱ門/寺田農 妙/松原智恵子 大岡忠高/津川雅彦

脚本/池田政之 演出/矢田清巳


第3回 「奉行の狗」 2018.1.26

 老中・水野さまの屋敷から、拝領の刀が盗まれる。悪党どもに強要されて蔵に忍んだ女賊は、三次の恩人の孫娘だった。
抜けさせてくれた人と、信じてくれた人との板挟みに苦しむ三次、密偵となった経緯も描かれる。

八幡堀

ロケ地

  • 町でおしのを見かける三次、八幡堀明治橋上から、堀端に佇む彼女を見る。
  • 水野和泉守邸、大覚寺大門。蔵とか内部はセット撮り。
  • 与吉宅を訪ねた三次、新三郎に見られており、事情を話す帰り道は大覚寺護摩堂前。
  • お城イメージ、二条城隅櫓など要素をコラージュ?した合成画。刀は戻ったので以降詮索無用と言い渡される忠相のくだり。
  • おしのを問い詰める三次、八幡堀新町浜。話を聞いてやらなかった自分が悪いと怒り、石垣を殴る。お六の手下が現れ、二人とも拉致。

大岡忠相/東山紀之 結城新三郎/寺脇康文 雪絵/ミムラ 三次/近藤芳正 辰三/石井正則 筧甚内/金山一彦 子吉/山崎裕太 水野和泉守忠之/渋谷哲平 片瀬堅太郎/加藤頼 立花喬之助/黒川英二 橋田孫兵ヱ/木谷邦臣 おいね/由夏 お秀/亜呂奈 お花/清川千里 与吉/中村嘉葎雄 おしの/谷村美月 上倉源之丞/川野太郎 お六/大家由祐子 村上源次郎/高橋長英 吉本作左ヱ門/寺田農 妙/松原智恵子 大岡忠高/津川雅彦

脚本/尾西兼一 演出/黛りんたろう


第4回 「万病治した孝行娘」 2018.2.2

 病癒えぬ養父のたっての願いを叶えようと、健気な娘は高価な薬を購うため、吉原への身売りまで思い詰める。しかし何という奇縁か、分割払いをすげなく断ったその薬屋のあるじ夫婦は、彼女を必死で捜していた実親なのであった。

大覚寺

ロケ地

  • 病の母のため神命丸が欲しくてかっぱらいをする少年、仁和寺参道まわりに茶店や露店の雑踏を演出、子吉たちに捕まるのは塔前石畳。
  • 長命堂に薬を売ってもらえなかったお鈴、物思い佇む水辺は大覚寺放生池堤。釣りの忠高が通りかかり声をかけると、吉原への行き方を聞かれる次第。

大岡忠相/東山紀之 結城新三郎/寺脇康文 雪絵/ミムラ 三次/近藤芳正 辰三/石井正則 筧甚内/金山一彦 子吉/山崎裕太 片瀬堅太郎/加藤頼 立花喬之助/黒川英二 橋田孫兵ヱ/木谷邦臣 おいね/由夏 お秀/亜呂奈 お花/清川千里 長命堂弥兵衛/笹野高史 太吉/小倉久寛 お鈴/荒井萌 和助/越村公一 近江屋吉右ヱ門/真那胡敬二 おせい/小野沢智子 村上源次郎/高橋長英 吉本作左ヱ門/寺田農 妙/松原智恵子 大岡忠高/津川雅彦

脚本/大西信行 演出/黛りんたろう


第5回 「情けが仇の八両二分」 2018.2.9

 辰兄哥、新生活のため皆が出資してくれた八両二分を、身投げ男にそっくり呉れてやる男気を見せるが、お奉行が危ぶんだ通りの結果に。
しかし人の情は、まわりまわって悪人の心をも溶かし、積年の鬱憤も晴らされるのであった。
で、辰三のライフプランのみ潰えておしまい。

中ノ島橋

ロケ地

  • 身投げ男・仙吉と出会う夜の橋、中ノ島橋。橋たもとに塀をこさえてある。
  • 貰った金を母に不審がられたうえ、金貸し殺しに遭遇した仙吉、途方に暮れて佇む水辺は広沢池東岸。目撃者・仙吉を消しにきた熊七たちから逃げて、土手を南に走る。

大岡忠相/東山紀之 結城新三郎/寺脇康文 三次/近藤芳正 辰三/石井正則 筧甚内/金山一彦 子吉/山崎裕太 片瀬堅太郎/加藤頼 立花喬之助/黒川英二 橋田孫兵ヱ/木谷邦臣 おいね/由夏 お秀/亜呂奈 仙吉/水澤紳吾 おたま/岩本多代 牛鬼の熊七/本宮泰風 おかね/小柳友貴美 村上源次郎/高橋長英 吉本作左ヱ門/寺田農 妙/松原智恵子 大岡忠高/津川雅彦

脚本/尾西兼一 演出/森本浩史


第6回 「まぶたの母は大奥様」 2018.2.16

 大岡家を訪ねてきた渡世人は、妙をおっかさんと呼び、「養親」の名を聞いた妙は「母です」と言い出す。そして、ご落胤が出てきて揉めている最中の大店の主人が殺され、彼は巳之吉の臍の緒書きが入った守袋を握りしめているのだった。
お奉行の、「わたしも江戸の兄だぞ」が泣かせる。

ロケ地

  • 大黒屋の主人・文太郎が殺された林、雑木まじり竹林は酵素付近か北嵯峨か。起伏もけっこうありそう。
  • たぬきを出たあとの妙と巳之吉を襲うチンピラ、仁和寺金堂南側・九所明神西方の林間。二人の危機に、着流し姿の忠相が現れチャンバラ。
  • 渡世人になったいきさつを妙に聞かれ話す巳之吉、奉公先を逃げ出して行き暮れて眠る漁師小屋、広沢池東岸。ここで渡世人の銀二に拾われ、その後二人行く街道筋はほぼ酵素ダートと思われる。
  • ご落胤・洋二郎が暮らす大黒屋の寮、宝厳院通用門。同心たちが見張るうち、女掏摸と手下が入ってゆく。
  • 事後、佐倉へ帰ってゆく巳之吉と次郎太の兄弟、街道は酵素ダート、母の塚は酵素付近に演出か。
  • 母と二人町歩きの忠相、仁和寺中門越しに参道を見る北望の図、露店多数あしらい。

大岡忠相/東山紀之 結城新三郎/寺脇康文 三次/近藤芳正 辰三/石井正則 筧甚内/金山一彦 子吉/山崎裕太 片瀬堅太郎/加藤頼 立花喬之助/黒川英二 橋田孫兵ヱ/木谷邦臣 おいね/由夏 お秀/亜呂奈 お花/清川千里 巳之吉/喜多村緑郎 おもん/三津谷葉子 洋二郎/片岡信和 伝蔵/一ノ瀬ワタル 銀二/蟷螂襲 次郎太/杉森大祐 村上源次郎/高橋長英 妙/松原智恵子 大岡忠高/津川雅彦

脚本/池田政之 演出/森本浩史


第7回 「縁を結んだ雛人形」 2018.2.23

 島送りにした罪人の家族を気遣う源さん、幼いおみつに雛人形を買ってやるが、中古品のこれが曰く付き。元の持ち主が台座に仕込んだヘソクリから、大盗の隠し金に辿り着く過程で、二つの家族の苦い思いが昇華され、未来へと歩み出すのであった。

大覚寺

ロケ地

  • 惣太が牢に放り込まれたあと、彼らの店を思い出した忠相、忍び姿でおたねを訪ねてゆく道は大覚寺大沢池北辺並木・池端。
  • おたねの長屋から出て話す水辺は大覚寺大沢池(北東岸、遣水「河口」の柵の傍)。回想シーンで出る、おたねと惣太の娘が水死した水辺も同所。

大岡忠相/東山紀之 結城新三郎/寺脇康文 雪絵/ミムラ 辰三/石井正則 筧甚内/金山一彦 子吉/山崎裕太 片瀬堅太郎/加藤頼 立花喬之助/黒川英二 橋田孫兵ヱ/木谷邦臣 おいね/由夏 お花/清川千里 おたね/須藤理彩 惣太/瀬川亮 おのぶ/七瀬なつみ おしま/常石梨乃 おみつ/かわさき鈴乃 為吉/柴田善行 村上源次郎/高橋長英 吉本作左ヱ門/寺田農 妙/松原智恵子 大岡忠高/津川雅彦

脚本/いずみ玲 演出/矢田清巳


第8回 「命をかけた名裁き」 2018.3.2

 将軍に献上される松茸に不祥事、堅物の老中は厳罰を主張するが、死罪に処せられる者の中には幼児も含まれ、裁きを任された忠相は辛い立場に。
連座した宿役人の線から確執が出るものの、当の幼児の言葉により、しがらみは解き放たれる。
本シリーズのテーマは、男児誕生をもって完結。

金戒光明寺

ロケ地

  • 板橋に着いた献上松茸運搬を引き継いだ伊佐次と又平、早暁の街道は嵐山自転車道か。
  • 松茸来るを受け開け放たれる城門、二条城北大手門。見物衆押しかけるなか松茸道中がやってくる坂、金戒光明寺東坂。二つは近接する設定で、組み合わせてある。
  • 江戸城イメージ、二条城隅櫓と思しき櫓のほか、いろんな要素を詰め込んで合成してある、アレ。
  • 松茸出役切腹を受け登城する忠相、篝火焚かれた夜の城門は二条城北大手門

大岡忠相/東山紀之 結城新三郎/寺脇康文 雪絵/ミムラ 三次/近藤芳正 辰三/石井正則 筧甚内/金山一彦 子吉/山崎裕太 水野和泉守忠之/渋谷哲平 片瀬堅太郎/加藤頼 立花喬之助/黒川英二 橋田孫兵ヱ/木谷邦臣 おいね/由夏 お秀/亜呂奈 お花/清川千里 伊佐次/福士誠治 おみね/笛木優子 又平/金井勇太 清吉/横山歩 大辻屋与兵衛/有福正志 おひさ/川俣しのぶ 栄之助/辻本祐樹 朝倉播磨守利房/勝野洋 村上源次郎/高橋長英 吉本作左ヱ門/寺田農 妙/松原智恵子 徳川吉宗/平岳大 大岡忠高/津川雅彦

脚本/いずみ玲 演出/矢田清巳


→ 大岡越前(東山紀之)第一シリーズ

→ 大岡越前(東山紀之)第二シリーズ

→ 大岡越前(東山紀之)第三シリーズ

→ 大岡越前スペシャル「白洲に咲いた真実」


・日記目次 ・ロケ地探訪 ・ロケ地探訪テキスト版目次 ・ロケ地一覧
・時代劇の風景トップ  ・サイトトップ